2004年01月23日発行 toppie No.16号 より

〜O市「A邸」〜

お宅訪問メニューへ

TOPへ

今回はO市のA邸にお邪魔しました。

Aさんご夫婦が新築するにあたり、数あるお店の中から、カーテンランドを選んだ理由は、メーカーのカタログに付いてる小さな生地見本ではなく、実物のサンプルカーテンを家までもってきてコーディネイトしてくれた点だそうです。
サンサンと陽光が降り注ぐリビングにあったもの、それは、
ウッドブラインド
カーテンドクター推薦の商品で、素材は、存在感と優しさを兼ね備えた木材。
緑色のリボンがワンポイントアクセントとなり、清涼感すら感じさせてくれます。

この商品は、奥様が選ばれたとのこと。大成功です。
寝室は既成概念をやぶった逆転の発想、
レース・オン・カーテン」を採用。
名前の通り、レース地をドレープカーテンの手前に持ってくることで斬新感と清涼感を演出。

さらには、
チューリップの額に合せたカーテンにしたい!
という奥様のご意向をうけて、チューリップ柄のレース地で見事にコーディネイト
その他もろもろを、ご自宅で打ち合わせること5回。

ご夫婦の意見と、カーテンランドの提案力が見事に結集した、夢のあるとても素敵なお宅でした。